費用も抑えられる

お墓を買うとなると、結構お金がかかります。全国的な値段は150万円~300万円ほどだといいます。なぜここまでお金がかかってしまうのかというと、墓石代に加え、永代使用料、永代供養料というものがかかってくるからなんです。永代使用料?永代供養料?初めて聞いた人にとっては何のことやらさっぱりという感じですね。永代使用料とは、お墓を建てる土地代のことです。お墓を建てるにはその場所が必要ですから、当然土地代もかかりますよね。永代供養料とは、このお墓をこの場所で供養し続けますよ、という約束のお金です。これは地域によっても金額に差が出てきますので、必ず上記の金額になるという保証はありません。これ以上高くなることだってありえるのです。また、お寺の中であれば墓地の設備や水道代といった管理費もかかりますし、汚れや痛みも発生した際にかかるメンテナンスの料金もかかります。
このように、お墓は建てると決めた瞬間からお金のことも考えなくてはいけません。そんなお金はない!と思っている方、納骨堂なら格段に費用を安くすることができますよ。納骨堂は、お墓を建てません。建てないということは墓石代もかかりませんし、先ほど説明した永代使用料もかかりませんね。ということは、必要なのは永代供養料のみです。一番安い所で5万円から、というところもあるようです。ただしここまで安くなると、骨壷をただ置いておくだけというかなり簡素なものになってしまいます。納骨堂でしっかりと供養をしてもらう場合、高くても50万円ほどですみます。この初期費用だけですむことが多いので、納骨堂はお墓と比べるとグンと費用も安くなるんですよ。